エルム

エルムは自分に課せられた課題や責任に突然耐えられないと感じている人のためのフラワーエッセンスです。

セラピーの対象となる基本的症状

仕事上の危機。抑制できない功名心。間違った態度が原因で生じたストレス。急性疾患。

身体的症状

失敗するのではないかという突然の恐れ、課題が重すぎるという差し迫った感情を伴う症状。また、そうした精神状態が原因で生じた身体的症状のすべて。

日常的に現れる症状

業績の向上を強いられることによる精神的ストレス。突然、荷が重すぎると感じる。今にも倒れそうな状態。急性疾患。

エルム症候群の起源と病像

エルムの素質はm限界まで力を出し尽くす傾向、優れた業績を自分に要求する責任感あるレる態度にあります。

エルムの素質がバランス良く伸ばされるとこうした素質を強く持っている人は高い目標や積極的に取り組み、たいへん有能で責任感の強い人物となるでしょう。このタイプは社会生活、スポーツの分野、精神生活など、どの分野で活躍しているにせよ、高い目標をたて、優れた業績を収めることができます。例えば、子供を責任持て育てようと全力を注ぐ母親、会社の繁栄を一挙に任されている社長、国民のために人生を捧げる政治家、自分で定めた課題に全精力を投入して人知れず戦い続ける【個人戦の名手】というように、このタイプの人たちは、自分で決定権を握り、卓越した地位に就いていることが多いでしょう。彼らは絶えず全力を尽くしかなり無理をして仕事しているにも関わらず能力以上に自分を酷使しないよう心がげています。

エルムの素質がバランスを崩して展開していくと、このタイプの人たちは立派な業績を残そうとするあまり仕事の適量がわからなくなり、限界を顧みず蓄積していたエネルギーが枯渇するまで自分に鞭打って働き続けるようになります。こうして彼らは疲労で倒れそうな状態に陥ってしまいます。エルム症候群とはまさに、立ち上がれなくなるまで、自分を酷使した状態、自暴自棄になってこれ以上何もできないということに気づいた時の状態といえるでしょう。こうした状態は、体力面より、むしろ精神面とかんけいがあり、これまで自分で作ってきたストレスに耐え抜く精神力がもはやないことを意味する危機的瞬間であり、深刻な結果を導きかねない状態を意味しています。(身体が病気から身を守るために必死に戦ったあと、力のすべてを出し切って機能しなくなる寸前の状態にあたります)ところが、エルムタイプは生まれつき強いので、しばらくすると立ち直ってしまいそこから何かを学び取ることはほとんどありません。そのため、以前のペースで生活を続け、遅かれ、早かれまた同じ状態に陥ることになるでしょう。

エルムの効果が発揮される領域

エルムは差し迫った(多くの場合精神的な)虚脱状態から脱するための緊急用エッセンスです。業績の向上を強いることによる精神的ストレスを軽くし滞ったエネルギーを解放するので再び前進することができるようになるでしょう。ストレスを感じた時にタイミングを外さず服用すれば自分自身に過大な要求をしたり、ストレスを自分で作らないようにできると同時に仕事をこなす能力を高めることができます。特に突然生じた重い病気の場合はエルムを頻繁に服用する必要があります。このエッセンスによって、エネルギーを捕捉し、結集させることができるからです。

心理療法のための覚書

エルムの原理は積極的に表現すれば【仕事に集中し、多くのエネルギーを投入しながら自分の能力の限界を知り、継続的にその限界を超えようとする】ところにあります。従ってエルムの原理はそれなくしては生命が維持できないであろう様な基本的な自然の原理 つまり 【成長の原理】に相当します。エルム