布石と未来

生き物を整えようと思ったら、何かだけ、どこかだけ(食事だけ、薬だけ、身体の一部分だけなどなど・・・)偏った療法は非効率である。

ひとつ例にするならば、心の病にかかると、スピリチュアルなものに惹かれてしまうらしく、占いやその類いに依存しがちな傾向にあり、まるでショッピングのようにあちらこちらに行っては、同じ悩みを打ち明ける。その人にとってほしい答えを聞くことができないと、次へ次へとジプシーのように自身の心地よさを求め彷徨う。

どんなにすばらしい占い師、祈祷師にみてもらっても、それだけでは整うわけがない。整わない上にビジネスライクな業者の餌食になる可能性が高い。

占いが悪いと言いたいのではない。強烈な依存は、そのひと自身を正体不明にしてしまうと伝えたい。

生き物は、肉体・精神・魂から成り立っているから、これらの調和がとれたときに整う。

自分の人生の舵取りを他人に任せて、他力でいる限り心の放浪は終わることなく続く。自力で生きると決めたときその旅は終わるでしょう。

すべての生き物は、命を繋ぐために食餌を摂ります。適切なものを必要な分だけ摂れば、健康を維持することでしょう。鮮度のよいクリーンな食餌を摂っていれば精神に不都合が起きる可能性は少ないはず。

モノや情報、汚染が溢れている現代、身体に取り入れるモノを注意深く選択する必要があり、それらを見極める能力を身につけないと健やかな生き方から縁遠くなってしまいます。

自身に不適切な食餌を摂り、身の丈に合わない生活・習慣を継続していると、肉体から飛び出したエネルギーがふわふわと漂い始め、依存・刺激や快楽ばかりを外側に求めるようになっていきます。悪循環の始まりです。

すべての生き物は、自然と共生し、生かされているということを忘れてはいけない。

ただし、どのようなカタチで人生の終わりがこようとも、命の瀬戸際で恐怖心を抱くことなく穏やかに終焉を迎えることができるのであればこの限りではなく、好き放題、自分だけが愉快に過ごして病になろうと、トラブルが起きようと、誰かに迷惑をかけようとも納得した人生ならば、それはそれで素晴らしい。次の輪廻に大きな宿題を残しそうだけど、そんな生き方ができる人はいいかもね。。

私自身が試みて「バランスを取り戻し調和がとれた」ことを記しておきます。

栄養療法を試して、良い結果が現れないときは心の置き方を工夫してみると変化がでます。

長く付き合ってきた癖や習慣が強くて、変化が難しいならば天然で品質の良いアロマやフラワーレメディーをつかうことをオススメします。波動測定も有効です。

抵抗なく変化を受け入れることができて、自然に整っていきます。

私のもとで断薬できた例(鬱・統合失調症・高血圧・糖尿病)があるので、試す価値があるかと思います。

お問い合わせinfo@a-junction.org

数年前、ひどいストレスが原因で喘息治療の通院中、足を止めて写真を撮ってしまった景色。こういう感じ、好きだなぁ。。。昭和生まれだからかなぁ・・・(*´꒳`*)

717-3.JPG